ラウンジ

多すぎます。

04月10日22時29分

18コメント 3,676アクセス
現在、看護大学の4回生です。

108回看護師国家試験を受験予定で、絶賛国試勉強してるのですが…

やらなければいけないことが多すぎます。

普段の授業は仕方ないと思っています。しかし、それに加えて国試対策委員の学生代表として国試対策の企画、保健師課程の健康教育の指導案作成、就職活動、実習の事前学習などなど…

平日は講義の復習と履歴書作成や指導案作成などに時間を取られて国試対策を満足にできていません。

朝早く起きてからの少ししか時間をとれていないのが現状です。

色々なことが不安です。

吐き出せるところが他になく、ここに愚痴じみたことを投稿しています。

アドバイスよろしくお願い致します。
りり
りりさん 

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

今とカリキュラムは違いますが、私は看護師と保健師、友人は加えて助産師の実習、それに卒論の提出もあったので、私は確か年明けから、友人は二月になってやっと国試の勉強だけできる状態になりました。

やらねばならないことが多いとげんなりしてしまいますが、逆を言えば、やらねばならないことが見えていると言うことは、悪いことではない。いつまでたってもあちこちからやるべきことが噴出してくるよりずっとマシではないでしょうか。

これはもう、それぞれの期日とやらなければいけない事柄を書き出して(履歴書を買う、切手を買う、志望動機を考える、清書するなど、ある程度細かく)、それぞれを時系列に並べ直してひたすらクリアしていくゲームみたいにしましょう。
付箋に書き出して並べ替えながらこなしていくもよし、紙一枚ずつに「就活」「国試」「卒論」などのタスクを分けて書いて、終わったものから消していくもよし。あなたが視覚的にわかりやすいと思う方法でやってみてください。

すべきことが多く、できていることが少ないと思えばしんどさは永遠に消えません。でも、少しでもやれていることがあると視覚的にわかれば焦りは減ります。
客観的な視点は必要ですが、できないことにばかりフォーカスする癖は、就職してから苦しみの元になります。ないものよりあるもの、できていないことよりできたことも見つける視点も大切です。

国試も、基本的知識は教科書にあるのだから、授業の復習をする習慣があるのならそんなに怖がらなくてもいいのにと思いますよ。復習の習慣のなかった私からしたら、それだけで十分素晴らしい。国試のアドバイスをするとしたら、苦手分野を潰すのはお早めに、です。期日が迫って「わからない」と焦るほど心がやられることはないですからね。

タスクの処理の仕方を身につけると、社会人になっても結婚しても(もちろん独身でも)、とても時間管理がしやすくてオススメです。私はプライベートでしたいことが山ほどあるので、休みの日にはよく書き出してますよ
Best
04月10日22時52分

このトピックには18件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト