ラウンジ

12誘導で黒(アース)から装着してますか?

02月04日20時34分

10コメント 8,830アクセス
先週心電図検査で
四肢誘導の際、「あきよしくみこ」
赤→黄→黒→緑の順で装着しました。
そうしましたら後でそれを見ていた
他の看護師に「アースから装着して
外す時はアースが最後よ。」と
呆れた顔をされてしまいました。
帰宅し教科書や心電図の本を
何冊か、
日本電光のHPなど色々と調べましたが
どこにも記載されていません。
アースの役割
1.感電や漏電事故を防止すること
2.信号を伝送する際に雑音を受けに
くくする。電位を0にすることから
考えると
1に対して黒から装着、最後に
黒を外す必要性を感じますが…。
でもそれが当たり前でしたら
私が探した限りなぜ装着手順に
記載がないのでしょうか?
ご存知方いらっしゃいましたら
教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

>9 こももさんへの返信

臨床検査技師よりも臨床工学技士のほうがいいかもしれません。四肢誘導の各誘導が、どの電極からみた電位と、どの電極からみた電位の差なのかを考えてみることですね。ただ、その電極の電位の基準となるのが黒(N)であって、接続するときは「原則として」基準となる電極から…というのが電気・電子の世界では常識です。

たとえば、スマホのケーブルもコネクタに挿すと、各信号線が接続する前に外側の金属(基準となるもの)が接続されるような構造になっています。

医療機器の接地については、知っておかなければならないので、日本光電やテルモのホームページなどを参考に…。

Best
02月05日20時05分

このトピックには10件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト