ラウンジ

最初からなりたかった……?

01月08日04時11分

40コメント 2,918アクセス
1年目の看護師です。去年の4月から急性期で働いています。
出来ないことが悔しくて情けなくて、先輩や患者さんに申し訳なくて、精神的につらいです。

先輩に指導をいただく時、相談した時、よく言われるのが「看護師をやりたくてなったんでしょう?」ということです。

私は母が看護師でした。父が病気で早くに亡くなったのですが、ちょうど病気が発覚したのが大学の進路を決める頃でした。その時に目指していたのは学校の教員でしたが、両親ともに教員という仕事への印象が良くなかったらしく、どんなに反論しても許して貰えませんでした。
終いには「そんなんで父が安心して死ぬことができると思ってるの!?」と、資格を持つ看護師になるよう母に泣きつかれました。

そこで、死ぬ父と遺される母が心安らかならと、諦めて言う通りにしたのは自分なので、責任は自分にあることはわかっています。
ですが、人の命に関わる仕事は自分には荷が重いのではと、怖がりながら嫌々勉強するのは辛かったです。

必要で、尊い仕事だと思っています。そうだと自分に言い聞かせても、どこか、「望んでなったんじゃない」という想いが湧き上がってきます。



自分の他にも、最初から望んで看護師になった訳ではない方は、いらっしゃるのでしょうか。

もし一人でもいるなら、なんとなく、少しだけ心強いなと思うのです。

それと、最初から望んで看護師になったのでなければ、先輩や患者さんに失礼でしょうか。
所感をお聞かせください。

このトピックには40件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト