ラウンジ

DNARの取り方

01月07日12時36分

38コメント 3,300アクセス
 当院ではDNARを書面で取るのではなく、医師がIC時口頭で説明し、医師記録でのみ残しています。私はずっとそのやり方に疑問をもっています。本人、家族のサインがないもので延命を左右していいのでしょうか?もし、何かあったときに、家族がそんなこと知らないといわれたらどうするのでしょうか?同意書が必須の世の中でこんなやり方が、通用するのでしょうか。

 この前、医師が家族に延命の希望を確認したとき、家族はみんなと相談しますといって一度帰りました。
 後日、家族から「家族で話し合った結果延命はしないでお願いします」と私に言ってきました。その日は医師がいないため、後日ICすることになりました。家族の意思を看護記録として残すべきか悩み、結局記録は残しませんでした。IC前に急変した場合、自分の記録を、もとに延命されないことを考えると怖くて。しかし、延命した場合家族からなぜ延命したんだと言われる可能性もあります。自分はどうするべきだったのでしょうか?
(退会者)

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

>36 えりなさんへの返信

ありがとうございます。。励まされます。
いつも全力なだけです。。
最初から全てが上手くいったわけではありませんでした。
急変で苦しむ患者&家族と医師や先輩看護師の間に挟まれて、
何度も何度も喧嘩?したり、悔し涙飲んだり、辞めてやるって思ったりしたことか。。
何度、やけ酒したことか。
その度に、患者&家族との約束や、悔しい顔してる姿を思い出すのです。
苦しむ姿見てられなくて。

先輩にもかなりいじめられましたよ。
嫌がらせもたくさん受けました。

でも、患者&家族は意外にもそういうのも見てるんですよね。私の味方は患者&家族でした。
だから、先輩たちの全てのケアを拒否する患者でさえ、私のお願いは聞いてくれました。
患者&家族がみんな私の味方をしてくれるようになって、医師も先輩たちをも動かせるようになりましたよ。だって、ケアを拒否する患者をケアは、私に頼むしかないということがたくさんありましたからね。やれることを全てやって、味方を増やし、意見を言いやすくする、猛勉強するの繰り返しでした。

DNARは家族が罪悪感を持つことが多い決断です。
私の職場のようなところは、普段のケアの延長線上に看取りがあるのだと思います。いきなり、DNARが問題となるわけではないのです。
だからこそ、普段からたくさん勉強して、日頃から意見して、作れるものは作って。システムを整えて。
自分を守ることも、患者を守ることも同じだと思ってます。真摯に向き合い、本気で大切にしたら、看護師も患者も家族も納得できる看取りになるのでしょうね。
お互い良い看護していきたいですね!
コメントありがとうございました。

主様失礼しました。
Best
01月23日20時49分

このトピックには38件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト