ラウンジ

君の名は

2017年12月20日

10コメント 560アクセス
医師に報告する際手関節をしゅかんせつと言ったらてかんせつだろうが!!しゅかんせつなんていわねぇよ!!と怒られました。
今までしゅかんせつといってました…泣

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

こだわる医師もいらっしゃるのでしょうね。

手関節(しゅかんせつ)というのは、具体的に手の関節のどこの部位をさしているのでしょうか?第1指(拇指)のIP関節のことでしょうか。「手関節」(しゅかんせつ)という特定の部位はない。だから「手の関節」(てのかんせつ)。「の」がとれて「てかんせつ」。まあ、言いやすさだったり、ほかの同音語と間違えないようにだったりと、学会や指導医の影響を受け継いでいるのではないでしょうか…。

たとえば「ばっし」と聞くと「抜歯」なのか「抜糸」なのか区別がつかないので「ばつは」や「ばついと」と。

納得がいかないかもしれませんが、とりあえずその医師の前では「てかんせつ」と呼びましょう。あんまり依怙地になってると互いに伝わるものも伝わらなくなりますから。
Best
2017年12月20日

このトピックには10件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト