ラウンジ

ADHDかもしれない

11月29日08時52分

9コメント 4,060アクセス
どのトピックスが当てはまるのか分からず、ここに書かせていただきます。

看護師2年目の者です。
1年目の頃から、抜けや記録の漏れが多く、申し送りも苦手で大切な事が送れなかったり、アセスメント力も低く大切な事観察項目を見落としたりして、先輩から怒られながらなんとかここまで来ました。
今でもまだ抜けや漏れがたまにあります。申し送りも苦手です。日勤の時は受け持ち患者さんの情報は頭に入れられるようになりましたが、夜勤の時に患者さん全員を把握して頭の中に入れておけず、フリーシートを見ないと使っている薬の事も覚えていられません。
先輩からは「急変の時に先生から聞かれて、いちいちフリーシート見て答えるの?そんな時間無いよ」と注意され、怖くなりました。

思い返すと、子供の頃から落ち着きが無く、授業は受けられていましたが、飽きるとすぐ手遊びをする子供でした。小学生3~4年生くらいまで癇癪を起こしては泣いて暴れる事もありました。
自己診断のサイトでチェックをすると、欠陥性があるのかな?と思います。

いつか、先輩に注意された通り急変対応が出来ず、あるいは私の観察不足や不注意で患者さんを殺してしまうのかと思って日々の業務が怖くて仕方ありません。
確定診断を受けてた方がいいのか、受けても受けなくても看護師を辞めた方が良いのか、悩んでいます。
同じように悩んでいる方、もしくはADHDの方、いらっしゃったらお話を聞かせて頂けると幸いです。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

かつて、同じようなことで悩んでいた後輩がいました。

トピ主様と同じように、
「いつか…大変なことを起こすかもしれないなどと考え、日々の業務が怖くて仕方ありません」と、相談を受けました。

まず、不安の原因を取り除く事を勧めてみました。
具体的には…
1.私と定期的に面談する中で解決方法を一緒に考えやって行く。
2.同時に専門機関へ受診してみる。
3.上司や他の同僚にも相談してみる。
4.辞めるのは、最終手段。
…etc

後輩は…「小さい頃から不器用で、要領が悪いといわれていた」と、話していました。
結局、1+2+3を行い、休職、配置転換などがあり、私よりも長く そこに勤めています。

看護はスポーツに例えると、野球やサッカーなどの団体競技と同じようだと思ってます。…が、個々の能力も求められます。
しかしながら、個々は各々の得意な事を活かしつつ、苦手なことも底上げして、それぞれのスペシャリストに育って行くものと感じています。
個々の個性は、役割分担にも影響するので、看護チームの中身は 凸凹があり、それが特異性…とも、揶揄されることがあるのでしょう。

まだ、独りで悩んでいるようなら、信頼のおける方や上司に相談してみたらいかがですか?

まずは…自分の気持ちを解放してみましょう。

健闘を祈ります

Best
12月01日20時18分

このトピックには9件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト