ラウンジ

地域医療構想トピックから

11月12日17時21分

0コメント 193アクセス
地域医療構想というトピックにコメントしようとしましたら締め切りになってました。私は、今後を考える良い機会となるトピックでした。遅ればせながら長文失礼致します。
厚労省ホームページの地域医療構想、医療計画に目を通しました。先にトピックを立てて下さった主様ありがとうございます。知る機会となりました

有料老人ホームや、終末期、医療依存度の高い方受け入れ施設が最近増えてきました。どちらにしても、入居するにはお金が必要です。お金がない方は、果たしてどこに行くのでしょう。
病院から自宅に戻り延命望まず、最低限のサービスを使い、療養していくことになるのでしょうか。

訪問看護は、民間経営が目立ち看護師も医療法人でない組織の中で働くわけですが、訪問看護師の確保しかり永く働くことに対し対策は急務だと感じております。

有料老人ホームは次々に建設され、営業担当が入居者を探す。入居費用は、本人の年金だけでは賄いきれない事が多いようです。
地域によっては特養のユニット閉鎖している所があるようです。選ばれないと存続も難しいアンバランスな状態です。
病院内に療養病床、地域包括ケア病棟等場所があればそれを活かす事になるのではないでしょうか。

看護師として働く上で労働環境、人間関係良好、高賃金の場所は、看護師充足しています。しかし常勤は少数で、非常勤が多いなど、厳しい経営状況もうかがえます。
病院、施設、訪問とライフスタイルに合わせ様々な働き方がありますが、非正規コスト削減、不安定雇用では保障もままなりません。看護師が健康を害せば、患者、利用者への影響もあるでしょう。

まず病院から最近は訪問も、働きやすい環境と看護師として必要な知識技術を伝達する意識を持ち、地域へ移行していきたいのが理想です。
地域医療構想は、待った無し。
ここで働きたい、ここなら働けるという職場が増えるよう、私も情報収集し地域と利用者と向き合っていきたいと感じました。

だから何?と言われる方も多いでしょう。
看護師資格を持っていても働けない、賃金に見合わなく働く気力や体力がない、体調を崩したといういわゆる潜在看護師も気負わず集結できるよう見直さなければ、地域医療構想自体が絵に描いた餅にならざるをえない。看護師の養成はされるがこのままでは、実際人員不足が続くのではないかと思います。
笑顔で余裕を持って働きたいものです

このトピックにはまだコメントがありません

会員登録(無料)をして「最初のコメント」を投稿しませんか?

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト