ラウンジ

術後ベッド

07月16日01時36分

1コメント 831アクセス
全身麻酔の際、逆トレンデレンブルグ位にするのは、なぜか?分かりますか。
調べると。
逆トレンデレンブルグ位は肺が広がりやすく、脳血流が、減少しやすいということは、呼吸が、しやすくなり、血圧を下げる目的だと解釈してもいいのでしょうか…。
術後ベッドで調べてみましたが、逆トレンデレンブルグにするとかは書いてなかったので、どういう意味なのかつながらず。逆トレンデレンブルグの意味しかのっていなく。枕をしないとかは、舌根沈下を防ぐためという根拠は載っているのですが。自信がないので、もしよければ教えて下さい。
やっと
やっとさん 

このトピックには1件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト