ラウンジ

不穏患者さんへの対応

07月13日11時34分

5コメント 1,872アクセス
トイレに行きたい、家に荷物とりに行きたい、外食したい
抑制をはずしてくれ、電話させてくれ、起こしてくれ

夜中に不穏の患者さんの発言に対し、いつも出来ない理由を説明しますが
興奮していると全く聞き入れてもらえず、かぶせ気味に「違うの、そうじゃないの」(全く何も違わないし、そうじゃなくもない)と発言され永遠に同じ会話の繰り返し…逆に傾聴しても希望がかなえられなければ永遠に会話は続き、コイツきいとるのか!!!とお怒りに…時間がとられ、患者のボルテージも上がる一方…
退室して興奮を冷まそうとしても、不穏が続くだけのことが多く…
オムツはずし、便コネ、スキンテア、転倒、自己抜去、大声への他病棟からの苦情…

もう嫌な思いばっかり。
全然、患者さんに対し優しくできません。患者さんが悪くないことなんて重々承知しています。
希望はなるべく叶えるし、日中は離床を促し、薬の調整、精神科へのコンサルト…色々頑張ってます。それが伝わらぬもどかしさ。


私は不穏患者さんへの対応が物凄く下手なんだと思います。
色々工夫しても効果なしで自信もなくなりました。
最近はイライラしっぱなしで、イライラしていることが患者さんによく伝わっていると思います。看護師失格です。

皆さんは不穏の患者さんへの声掛けはどうなさっていますか?
どういう工夫をなさっていますか?
諸先輩方からアドバイスが欲しいです。

このトピックには5件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト