ラウンジ

施設での足の爪きりは、業務に含まれる?

06月15日19時33分

50コメント 7,709アクセス
老健でナースをしています。
今の施設は、フットケアに積極的ではなく、足の爪がびっくりするくらい伸びている方が多いです。
それらの方の多くは、爪白癬による肥厚などや、伸び過ぎて指に沿って裏に回ったりと、ケアが困難な方がとても多い。
爪きりでご家族から激しいクレームを頂いた症例もあるためか、ケアを逃げたがるナースが多く、やむを得ず、自分がボツボツ時間を作って頑張って爪きりをしているのですが、
色々疑問が湧いてきております。

まず、足の爪きりは、施設では必ずしなければならない業務なのか?

時間をかけて、苦労してケアをしたとして、万が一の時は守ってはもらえない。機会を増やせば増やすほど、トラブルのリスクは高まる。他のナースのように見て見ぬを決めるのが賢いのか?

皆で等しくフットケアを頑張る職場ならともかく、コワいからヤダとか、何かあったら困ると逃げるスタッフの中で、自分はどうするべきか迷っています。

皆さんのお考えを教えてください。

このトピックには50件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト