ラウンジ

心も体も疲労困憊です…

05月19日18時24分

18コメント 1,743アクセス
1月から新しい職場へ週3日のパートで転職しました。外来経験が長く、病棟勤務も久し振りで今まで勤めていた専門科も違いますので、戸惑いがあります。職場のナースさんは優しい方が多く、ゆっくりで良いですよ(*^^*)と、おっしゃってくれます。1人「分からない事はいつでも聞きに来て下さいね(*^^*)」と、おっしゃってくれるナースさんがいましたが、その方は現在妊娠中で負担の掛からない投薬確認を毎日詰め所でしています。お部屋担当のリーダーさんが近くにいますので、分からない事はその都度リーダーさんに聞きながら業務していました。入職して3カ月程経過した頃に、妊娠中のナースさんが「いつでも聞きに来てくれれば言いのにね」って気に掛けてくれてたよ。と、違うナースさんから聞きました。分からない事をそのまま施行するのは危険な行為である事は充分理解しておりますが、ただ業務しているナースさんはその方だけではないので、詰め所にいらっしゃるナースさんへは足を運ばず、いつも近くにいらっしゃるナースさんに指導してもらっていました。また少し経過した頃に食事介助の為食堂へ行き、それまでに教えて頂いていたナース介助の患者さんの食事は、すでに他のナースさんが介助しておりましたので「後、ナース介助が必用な患者さんはいますか?」と、妊娠中のナースさんに伺いましたところ、〇〇さんの介助お願いします。との事で、その患者さんの元へ向かい、初めて介助する患者さんであった為、姿勢の位置が車椅子に明記されているか?介助票に書かれているか?など確認しましたが、介助票には1品だけ摂取し、その後注入を施行。左に麻痺がある為、右横に立ちオーラルコントロールで介助。誤嚥しやすいので、嚥下を確認しながら介助。など、介助方法については書いてありましたが、姿勢については明記されておらず、近くにいらっしゃったナースさんに「〇〇さんの姿勢は、どれくらいの角度にすれば良いですか?」と伺いましたところ、そのままで良いですよ。と、そして再度介助票を見ながら、詳しく説明して下さいました。そして食事介助を施行していたのですが、妊娠中のナースさんが走って来て、姿勢が違う!初めて介助するの?!だったら介助票がここに置いてあるから確認して!分からなかったら聞きに来て!と、〇〇ナースに確認しました。と言う間もなく立ち去られました。そのナースさんに聞きに行かなかった事が悪かったのかな?と思い、次の日はまた短期入院の患者さんで初めて介助する為、姿勢や介助票を確認しましたら、また姿勢が不明記でしたので、今度はそのナースさんに確認しました所「そこに介助票があるから」と冷たい目で言われました。入職したての頃は物腰の柔らかい方でいつもニコニコされていたのに、何故こんなにきつくなられたのかな?私がそのナースさんに全く聞きに行かなかったのが、悪かったのかしら…と思いましたが、やはり詰め所まで行くよりお部屋担当のナースさんが、夜勤のナースさんから申し送りを聞いて、患者さんの状態を把握しておりますので、お部屋担当のナースさんに指示をもらっていました。そしたら妊娠中のナースさんの堪忍袋が切れたのか、何も分からないまま仕事をしていると師長さんに報告された様で、お仕事が出来ないとレッテルを貼られてしまいました。確かにいつまでも指導して頂いているので、自分の知識のなさを認め、師長さんに自分はこの職場で働くのは大変危険であり、患者さんにもスタッフの方達にも迷惑が掛かりますので…と言う事で、退職の意向で話しをしましたが「外来経験が長いなら、外来へ行ってみる?」と、配慮して下さいました。外来なら出来ると言う訳ではありませんが「やってみます」とお返事しました。シフトや事務処理の関係がありますので、すぐには配属されない事は分かっていましたが、一度師長さんから外来の主任さんとは話ししてるから、と報告があったものの1カ月が経過しております。出来ないナースだとレッテルを貼られていますので、週3日のパートで週3日、ずっと入浴介助が当たっています。入浴介助も看護業務の1つである事は充分理解しています。便や皮膚の状態、発作の有無、SPO2の確認などはナースの仕事でもあります。しかし職場へ行き、白衣ではなくジャージに着替える毎日に、偽りの笑顔と心のギャップが大きくなりました。一度師長さんに相談をして、退職ではなく外来への配属を検討して頂いてますから、入浴介助を理由に退職出来ませんので、外来配属の日まで堪えている毎日です。体力的にも精神的にも限界が近づいております。皆様も大変な中でお仕事されているのに、弱音を吐いてしまってすみませんm(__)m また、この様な長文を読んで下さった方、ありがとうございますm(__)m 誤字があったらすみません。

このトピックには18件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト