ラウンジ

血が苦手・・・

05月15日17時58分

23コメント 1,810アクセス

コメントリクエスト:属性が「 女性 」の方

採血は、大丈夫ですが、創傷処置となると、痛そうで「うひゃー」となります。見ていられなくて、いたたまれなくなります。
この前は、先輩に褥瘡処置で、「骨っぽいね」とか言われたのに、確認することができず、相槌がやっとでした。

血が苦手な看護師は、この先やっていけるでしょうか。不安になりました。
克服された方にアドバイスをいただけたらと思います。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

血が苦手・・・。子どもの頃は絆創膏も瘡蓋も大事に守って治す方でした。今でも 嫌いですね、慣れません。
痛そうで目を背けたい気持ちも分かります。

でも、今ある痛みを少しでも和らぐように、明日に引き延ばさないために、何か看護師として出来ることはあると思います。そのためには、観察から入りますよね。目を背けていては観察すら出来ないですから。

看護師として、接することが「うひゃー」となることも、少し横に置いて処置だったり、対処が出来るのではないかと思いました。

私は、肺炎だったりとか、癌の転移とか、レントゲン写真やMRI画像から『そんなに病巣が侵襲されていたの?』という驚くことが多いので、見えない侵襲についても、日々丁寧に看護の視点から観察しないといけないなと思っています。

看護師として、一緒に成長しましょう!
Best
05月24日10時19分

このトピックには23件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト