ラウンジ

患者からのセクハラ

2017年05月09日

25コメント 2,978アクセス
寝たきりの男性患者の体位変換時などで、お尻を触られたことがある人多いと思います。

学生の時に先生から聞いたエピソード。
リハビリ入院の患者。手が動くようになり、介助で身体を寄せた時にお尻を触られた。そこで看護師から一言「ここまで手が動くようになったのですね。今度はおっぱいまで届くよう頑張りましょうね」。

私には、こんな神様みたいな対応は無理です。

私の時は、一緒に介助に入った男性看護師が助けてくれました。「触りたいならどうぞ」と、患者の手を自分(男性看護師)のお尻に持って行って触らせてあげて。患者は当然拒否してましたが、若い男性の腕力に敵うわけがなくて。

ちょっとだけスカッとしました。

このトピックには25件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト