ラウンジ

訪問看護について

03月12日18時37分

11コメント 2,219アクセス
今まで病院でしか働いたことがなく、准看護師で13年色々な科に勤務してきました。
今回転職で訪問看護でやっていきたいのですが、全く経験ありません…
知り合いの看護師の先輩も訪問看護は難しい、判断力も必要だと言われました。
無知で申し訳ないですが、訪問看護の仕事について色々と教えてもらえますか?

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

No.11
(退会者)
106回の国試を受けているなら合格確定してから就活でよいのではないでしょうか?
訪問看護ステーションがなぜ看護師しかとらないところが多いかというのは 准看護師では業務制限と報酬単位1割減があるから運営にリスクを負うからなんです。
それでも准看護師採用しているところは少ないながらも たしかにあります。しかし、訪問看護の経験者からみると「准看護師に頼らなければならないくらい常時人手不足だったのかしら…。」と勘ぐってしまいます。
医療・介護の両方で保険点数が看護師が訪問した場合90%の算定しかできないことは他の方も書いています。他に『計画書や報告書の作成ができない。』『サービス担当者会議には担当としては基本的に出席しない。』というのもあります。准看護師採用している事業所って他の看護師が名前を貸している場合が多いです。名前を貸した方も「もし何かの問題があったら自分の責任になるんだよね…。」ともやもやしてしまいます。(私は結局辞めてしまいました。)
始めて訪問看護ステーションに勤務するならキチンと教育やフォローの体制が整っている事業所に勤務することを勧めたいのですが、そういうところって残念ながら看護師の採用枠しかないんです。

それと訪問看護ステーションの多くはオンコール当番があると思いますが、主さんだけでなくご家族も承知していますか?
私は約10年 訪問看護に携わってきましたけど、多い時には1晩で電話対応5件 緊急訪問2件 エンゼルケアのための訪問2件というのがありましたよ。まぁ 全然ない時もありますけど…。
同僚は帰宅した時に持ち帰ったオンコール用携帯を娘さんに玄関の外に投げ捨てられて号泣されたそうです。結局 彼女は 娘さんのために訪問看護を離れました。
私は子どもがいませんが、夕食を作って箸をとろうとした瞬間にオンコールで呼ばれて夫を放って緊急訪問に出ることが多かったです。現場を離れることを話した時には「悪いとは思うけど 正直ホッとした。もう夜も休みも呼ばれないんだな…。」とポツリといわれ心が少し痛みました。
そんな現状もあります。

今は都道府県看護協会が主催して『訪問看護ステーション説明見学研修』(呼称は色々です)をしていますので、一度参加してみてはいかがでしょうか。
その上で『訪問看護実務者研修・ステップ1』という訪問看護が初めての人向けの養成講座がありますので検討してみてもいいかもしれません。病棟の経験が長くても在宅では戸惑いが多いです。

厳しいことばかりで申し訳ありませんでした。
Best
03月18日07時13分

このトピックには11件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト