ラウンジ

退院前カンファレンス

03月04日14時33分

2コメント 641アクセス
この前、退院前カンファレンスをしました。
ターミナルに近いような患者さんで、病状のせいでストーマ管理に色々と問題のある方です。
緊急入院してきたときは状態安定しなければ予後あと1週間くらいだろうと言われましたが持ち越してくれました。
認定看護師と協力しながらストーマのほうもなんとか落ち着き、本人家族の強い希望で退院の形となりました。
介護保険の認定も受けていなかったため、在宅支援が全く整っておらず、MSWさんから各方面と連携しながら早急にベ
ッドや車椅子を手配してもらったり。
自宅に帰るのも本来はなかなか厳しい状況の患者さんなので、じきに戻ってくるのは目に見えているのですが、それでも患者さんの意見を尊重しての退院。
カンファ時患者さんが、家に帰れることへの嬉しさから涙される場面もあり、色んな想いを話してくれました。
プライマリーではなかったですが、手がかかるゆえチームみんなでみてきた患者さんなので、患者さんの思いを聞いて、希望を叶えて退院できるというのは良かったな、と思いました。
まあ心配が大きいのは勿論ですが

なかなか自宅に帰すというのは労力いります。
自分の働くところでは、転院やそのまま看取りをすることが多いので、退院という形は少ないです。家族の協力はかなり必要ですしなかなか整備するのは難しい。
正解がないから、何を大切にしていくかで色んな選択肢でてきますよね。
難しい選択に悩んだりすることもありますが、1つの看護しててやりがい感じるところなのかも。

このトピックには2件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト