ラウンジ

申し送りがトラウマに

01月06日22時58分

10コメント 4,412アクセス
新人看護師です。
私は緊張するとパニックになりやすいタイプで、リーダーへの報告なども日本語がめちゃくちゃになります。
頭の中で整理しようとしてもいざ報告となると、頭が真っ白になり、メモに残していた事を言おうとしてもめちゃくちゃになり、よく指導されています。
私の病棟には所謂お局のような方が三人いて、他の病棟の看護師達からも恐れられています。
うちの病棟でも、そのお局達への顔色伺いのような、先輩達が気を使いまくってる空気がヒシヒシと感じるほどです。
お局達は自分の機嫌が悪いと、あからさまな態度で周りと接したり、逆に機嫌がいいと色んな人に話しかけたりしています。
基本的にお局たちは仕事ができる人間と、自分が気に入ってる人間にはにこやかに話しているのですが、私のような仕事の出来ない人間にはとても冷たく理不尽に怒られることも多いです。
先日日勤の私が夜勤のお局の一人に申し送りをする際に、またも緊張してしまい所々日本語がおかしくなっていて、「で?結局何なの?」と威圧されたり申し送り中にため息をつかれたりしました。私の前に申し送りしていた人とはにこやかに話しながら接していて、最後には「お疲れ様でした〜」と言って終わっていました。
私の時には、私が「以上です」と申し送りを終えると何も言わず黙ってまた別の人へ申し送りを聞きに行っていました。
塩対応のような扱いは私だけで、申し送り時の威圧やため息や最後の終わり方などトラウマになり、ますますパニックになるようになりした。
どうすれば、パニックにならず申し送りができるでしょうか?
無名
無名さん 

このトピックには10件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト