ラウンジ

何でもかんでも熱発はクーリング!

2016年05月27日

59コメント 21,227アクセス
誤嚥性肺炎既往がある人が、痰絡み。怪しく思って吸引すると大量の黄緑色の痰。
あまり身体は熱くないけど体温38℃。

シバリングはないけれど、発熱し始めは温めようと、温めました。
セットポイントまで上がれば汗をかいたり、身体の表面が赤く熱くなるから、そしたら冷やしてあげよう。と。。

そしたら、なぜ温めるの?冷やすものでしょう!と全力で、咎められました。

例えば、敗血症の発熱は38℃前後でコントロールする方が生命予後がいいと、論文にありますし。とも説明。

文献片手に、セットポイントやらいろいろ説明したのですが、『そもそも、本なんてあてにならない!経験でやるものよ!クーリングしないで患者家族に「何もしてない」って言われたら説明できるの?』と言われました。

医師に聞いてみたら、「高熱なら冷やした方がいい」と。「高熱とは38.5℃以上かな」と。

とりあえず、医師はそれ以上言わずに去りました。

まさしく同じ日、誤嚥性肺炎既往がある人が発熱、spo2 60台、血圧も80以下へ。
家族へ亡くなるかもしれないとインフォームドコンセントしたばかりの患者を、私は温めて、発汗始めてからひやして解熱、血圧も90台、spo2も99へ。医師には「奇跡の復活だね!温め、クーリングうんうん!」とほめられたばかり。

熱発ではなく、発熱だけど、カルテは熱発とかかれてるし。

私、どこを直せばいいのか。
経験も大切だけど、エビデンス大切でしょうと思います。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

発熱の始まりだったらあえてクーリングはしませんよね。手足が冷たくて、サーチも上がりません。保温して上りきったら、クーリング開始。でも、また手足が冷たくなるくらい3点とか4点クーリングはしません。再検して体温38度ちょっとなら、頭部のクーリング、薄掛けにして熱を発散させますよね。初発の発熱だったら、ドクター報告、もしかしたら血培するかも知れないので、解熱剤の使用を待ちます。バイタルを測ってからかなぁ。患者さんの苦痛にならないように、座薬も使用していきます。座薬も、使用する量によっては下がりすぎるので注意が必要だし、高齢者が多い施設なので場合によっては小児用を使用してます。
中には、外来受診でそのまま入院になってきた高齢者の中には、発熱していてレベル低下、サーチが80%で酸素はじめましたと送りがあったのですが、手足が冷たくてチアノーゼが酷くてサーチが測定不能になってたりする人もいます。なにも言えない高齢者の方は寒くて縮こまっていたなんて場合も。布団できちんと保温してあげると、簡単な話しかけに返事ができるようになったり、サーチも90%以上に戻ります。その時に保温してやってよと思います。
38度位の熱が出たからといっても、クーリングは解熱の手段にはならないと考えています。苦痛を和らげる位かな。
でも、クーリング信者って以外と多いんですよね。
Best
2016年05月28日

このトピックには59件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト