ラウンジ

虐待について

2016年02月22日

19コメント 1,325アクセス
看護または、介護の現場で虐待を多く見てきました。通報するべき所が多く、通報もしましたが、保健所は細かく言っても駄目。警察は法に触れる内容が何処か解らないからと、出来ず。透析の現場では助手が前日にプライミング、当日は透析液の設定は、34℃台、シャントは潰され頚部や、足からライン、精神科では主任が、保護室の患者様の鼻骨を骨折させて、その後師長に昇格。医療界はやりたい放題、他一杯あります。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

医療って閉ざされたアンタッチャブルな「聖域」なんですよね。警察も刑事事件なら別ですが民事だから不介入。監督官庁の厚労労働省も動きが鈍い。患者も医療の知識無いし医療看護介護受けてる立場で言えないし、相手の言う事をそのままのむしかない。だからこそ医療側の倫理観が大事なんですよね。でも軽視されすぎている気がします。自主規制とモラルと知識向上カイゼン意識プロ意識。これが無いままだと、これからガチガチに法律で規制される様になりますよ、他業界の様に。
Best
2016年02月22日

このトピックには19件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト