ラウンジ

両下肢関節拘縮のある方の足浴介助方について

01月15日23時10分

18コメント 1,310アクセス
患者さんは日中寝たきりで、普段はベッド上で寝ており、リハビリ時・昼食時に車椅子に乗ってデイルームでお昼を食べに行く位しか起きる事はありません。拘縮のリハビリも含めて車椅子の乗車時間延長を目標に、昼食後に足浴の援助を行いたいと考えたのですが、下肢に拘縮があるため車椅子にのっての足浴にはテキスト通りの技術は行えません。指導者さんには、ビニール袋を用いた足浴、ダンボールを重ねて拘縮した足の高さまで上げて行う足浴を例に挙げていただきましたが、もしその他に方法があれば知恵を頂きたいです。唐突な質問になってしまい申し訳ありません。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

>14 エネゴリさんへの返信

大丈夫 大丈夫♪
最初から応用力ある学生さんや新人さんなんて皆無だから。
そもそも そんなデキる学生さんや新人さんがいたら経験者の立場がないですから(笑)

では 切り口を変えて…。

買い物が好きで比較的若い方というのが本来の姿。

今の姿から本来の姿に近付けるためにはどんなアプローチや支援が必要でしょうか?

これは昔 私のプライマリーだった先輩の受け売りです。
支援計画に煮詰まった時は ここに戻ると意外なことに気がつくこともあります。
Best
01月17日00時44分

このトピックには18件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト