ラウンジ

ナース24時実はスゴい! 日本の看護師SP

2015年10月17日

60コメント 17,614アクセス
海外のプロが来日して密着視察みてます。院内設備も整ってますが、清拭方法も学生時代に戻ったかのように、湯温を測り、タオルをクロスにして。きめ細かな対応。私もピッチャーとバケツだったけど。テレビに出てるナースは、ディスポエプロンして、バスタオルかけながら、技術試験思い出したぐらい。
もちろん、点滴もバーコード、氏名確認も。安全管理は、確かに同じ。

本当に毎日やってるのか?テレビ用だとしたら、明日から大変ですものね。

海外視察団や、視聴者がみて、これ当たり前だと思ったら、結構困る病院や、ナース多いと思いませんかね。

大学病院は、環境整っていて、看護も全て毎日技術試験受けているようにやってるのですかね。
密着取材だから、大変だったと思いますが、声かけや、対応も完璧。

番組みているかた、みたかた、違和感みたいなもの感じませんでしたか?
私は、自分のこと、本当に看護師だろうかと、雲泥の差で、なんとも言えない気持ちになりました。環境にもよりますね。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

番組を見ました。夜勤で巡回時にスリッパの向き変え‥、実際にその余力があるか?です。しかし、夜勤に関して言えば、以前に読んだ看護雑誌で米国と日本では圧倒的に担当する患者数が違う(番組内でも米国看護師が驚いてましたが)大人数の患者を看る日本。当然のごとく負担増であり、更に、海外と比較しても労働条件も悪い様子。しかし、それでも業務をこなせるのは、良し悪し抜きに日本人だからではないかと思います。

夕べの夜勤。一応は2時間の仮眠が取れるハズなんですが、ここ最近は無縁の状態。状態が悪い患者さんに対応しながら、ふと脳裏を横切ったのは『助けれるのは自分だ』という自負の念。医師は指示を出したら「あとはよろしく」で現場から退場が常。指示通りの事をやったら‥いえ、それからが看護師の舞台が始まる気がします。持てる最大の知識と技を駆使しながら現状打開を図る。モニターを見ながら、体位を変えたり、湧き上がるような痰を必死で吸引したり‥。指示箋には無い裏舞台での立ち回りが如何に大切な事か‥。

明けの朝、解れた髪に汗臭い身体。少ない人数でも、大勢の入院患者を看て守れる日本の看護師!凄いと思いますよ‥自画自賛も込めてね。
Best
2015年10月17日

このトピックには60件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト