ラウンジ

新卒で訪問看護に入りました

2015年07月02日

40コメント 5,921アクセス
3月に卒業して、訪問看護に配属になりました。
3ヶ月が過ぎましたが、スタッフの人たちはみんな優しく親切で、人間関係に不満は全くありません。ただ同期の病棟勤務の子が看護技術を身につけている中、訪問看護は採血もサーフロもなく、たった3ヶ月ですが、病棟の同期が身につけた技術能力と自分の今の技術能力に差を感じています。
きっと1年経ったら、大きな差になるだろうと感じ、焦っています。

もともと在宅希望で、新卒で訪問看護に配属されても、技術など不安がないように育てると言われ、訪問看護に行くことに決めました。
訪問看護でも学ぶことは多く、今、自分が置かれた場所で、目の前のことをしっかりと行い、利用者さんにも、スタッフにも、必要とされるようになりことが、今やるべきことだと思っています。人と比べる必要もないと、自分に言い聞かせてますが、学校の同級生と会って、6人受け持ったとか話を聞くと、置いて行かれた気がして、とても焦ってきます。上司はゆっくり学んでいけばいいよと言ってくれてますが、本当にこれで良かったのかと思ってしまう自分がいます。

今度、病棟や外来などで、3週間程度研修があります。
短い研修期間ですが、これだけは経験したほうが良いということがありましたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します
ロラム
ロラムさん 

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

お疲れさまです。お仲間ですね、私も新卒ではありませんが春から訪問看護しています。毎日が迷いと葛藤、先輩に意見を求めながらの訪問です。

研修期間には是非、経管栄養や中心静脈栄養、各種ストーマ、非侵襲的陽圧換気を含む人工呼吸器、吸引、酸素療法、褥瘡処置、ポジショニング、口腔ケアや清拭、陰部洗浄などの清潔ケア、便通コントロール(摘便や浣腸など)などを学ばれておけばと思います。
他の方がおっしゃるように、アセスメントと判断、コミュニケーション力も必要かと思いますが、私も[何でもご相談下さい。すぐにお返事できない場合は次回までにお調べしてお返事します]というスタンスです。そして迷ったら先輩に連絡し即座に解決すべきことは対応しています。
在宅療養を支援する時に重要なのは、こちらの判断よりも利用者およびご家族のニーズが先立つことが多いことです。相違があった場合に必要なのが、信頼関係とコミュニケーション力かと考えています。

現在受け持ちが増えて、キャパオーバー気味ですが、自分なりに他の機関との連絡調整もし始め、徐々にではありますが軌道に乗りつつある、といったところでしょうか。

正常か異常か、治療を優先する必要があるかないか、生活に支障があるかないか、などを視点としてアセスメントしています。
まだまだ始まったばかり、お互い頑張りましょう。
Best
2015年07月04日

このトピックには40件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト