ラウンジ

いらっとする患者

2015年02月23日

45コメント 6,902アクセス
気が短いのか患者さんにいらっとくることがあります。

ちょっとしたこと、向きを変えたい、お茶を飲みたい等、夜中でも一時間ごと、昼間は15分ごとくらいにナースコールがあります。一回訪室したときに、○○は大丈夫ですかと聞くと大丈夫と答えるけど、結局すぐコール。

おまけに耳が遠く、PHSや放送でのやり取りが出来ず、訪室するはめに。他患者の対応中であるから、すぐは無理だから待っていてくれと伝えても待てず、2分毎のコール。

みなさんは、頻回のコールや訴えにいらっとすることないですか?

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

その気持ち本当によく分かります!

急性期の患者さんの辛さは看護師の助けや声かけ、気遣いが本当に大切だと思うので、相手の立場になって関われると良いなと思っています。

ただ、色々な病棟があって患者さんも様々。リハビリ期や療養病棟となると、患者さんも元気になってきて退院のタイミングをはかっていたりします。そうなると患者さんも退屈で特に夜は色んなことが気になり出します。そして、明日のリハビリは何時からだった?テレビのリモコン落ちたから拾って。爪が靴下に引っかかって気になるからヤスリかけて。本当に手を離せない時でも何とかして駆けつけたのにそんなナースコールだと心が折れます(笑)

重度の認知症や、性格的にかなり癖があって家族もお手上げ。何かしら症状を訴えて入院させたいという家族の希望が見え隠れするような社会的入院もあります。そうなると特に治療もないし、看護というより、介護や保護施設のような役割をすることもあります。

頻回にナースコールを押しているという自覚が全くない患者さん、転倒の危険性があって一晩中目が離せない患者さん、暴言や暴力が絶え間ない患者さんもいます。白衣のポケットを引っ張られて破れたこともあります。やりがいもあるけど、きれいごとだけでは片付けられない辛い仕事だなとも思います。

でも必要な職業だし、自分でその職業を選んだ以上、どうにかしてイライラを発散しないといけないですね。

私もイライラする性格で後から反省したり、自己嫌悪に陥りますが、看護師も人間。自分の中に愛情や優しさが満たされていれば他人にも分けることが出来るのかもしれませんが、自分の電池が満タンでなければやっぱり難しいです。

自分に無理が無い範囲で働くのが、自分のためでもあり、患者さんのためでもあるなと私は思います。

自分の性格にあう科をさがすのもひとつの方法かもしれませんね。私は全く違う職業をして二足のわらじをすることで、どちらの仕事も毎日楽しめるようになりました。せっかくとった資格に振り回されるのではなく、上手く活用していけると良いと思います。お互い楽しんで頑張りましょう♪ 長文失礼致しましたm(_ _)m
Best
2015年02月26日

このトピックには45件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト