ラウンジ

パルスオキシメーターについて

2014年02月06日

9コメント 8,401アクセス
みなさんに質問があります。勤め先で、患者に、パルスオキシメーターにてSpo2と脈拍を測定しました。脈拍について、60を示していたり、80を示していたりしており、触診でも不正が見られていたため、リーダーナースに、「パルスオキシメーターにて脈拍数のばらつきがみられていたため、不整脈があると思われます。」と報告すると、パルスオキシメーターで不整脈が分かるわけないと言われました。また、誰だって変動するでしょ、とも言われました。実際、パルスオキシメーターで脈拍のばらつきで不整脈と判断するのは間違いでしょうか?(患者は、寝たきりで、安静時に測定しております)

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

パルスオキシメーターの脈拍の値だけで判断するのは避けたほうが良いでしょう。実際に脈拍触知から結代があったのか、その回数は何回だったのか、などを実測するのが一番かと。
ただ、OPE室やICUでは患者監視装置に組み込まれているABPの動脈波形やSPO2の脈波形を示しているので波形の変化から期外収縮などが判別しやすくなります。勿論、ECG波形の変化がありますので、あくまでも補助的な判断になります。
ポータブルタイプのパルスオキシメーターでも脈波形が表示できるタイプがありますから、判断の材料にはなります。
パルスオキシメーターが示す数値の変動だけでは不正があるとは判断できないのでしょう。プローベを装着して、数値確認後に直ぐに外す人もいますが、数値が落ち着くまでに(変動はありますが)20~30秒は装着して様子を見たほうが良いと思います。
脈拍の実測から判断して、必要に応じて3極誘導や12誘導を行ってみては如何でしょうか。
Best
2014年02月08日

このトピックには9件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト