ラウンジ

人間不振で毎日が憂鬱

2013年10月27日

75コメント 4,307アクセス
3月に准看を卒業し、4月から全日で学んでいます。
准看時代は実習生同士の足の引っ張りあいがあり各論実習を落としてしまいました。再実習に受かり なんとか卒業しましたが精神的にボロボロでした。
そんな状態で入学した学校では信用できる友達ができ相談をしていました。
しかし、クラスメートから相談内容を 他の人に漏らされてると聞きショックでした。他の友達も陰口が多く 誰も信用できません。
私は精神的安定を図るためデパスを内服しています。処方されたものではなく、海外から直輸入しているものです。
教務は すべてを承知して相談にのってくれていました。とても優しく親身で なんでも話せていました。薬のことは家族に話してないし 言わないでほしいとお願いしました。
教務と、薬と酒は一緒に飲まない。体調悪い時は公園ではなく保健室で休む。もし倒れた時には、許可なく親に報告します。と約束しました。
しかし、学校はストレスが多く 薬の量が増え 約束を守れない日が続き 精神的に落ちていきました。
そんなとき授業後ふらつきがあり保健室で休んで帰りました。
家に帰ったら母の携帯電話に不在着信があり留守録が入っていました。内容は、娘さんのことで話があるから折り返してほしい旨が入っていました。
確かに先に約束を破ったのは私なので教務を責める権利はありませんが、完全に信用しきっていてショックでした。
もう学校に通う意味すらわからなくなりました。教務と一緒に実習を乗り越える自信もありません。
私は明日から完全に1人なのだと思ったら早く死んで楽になりたい気持ちで一杯です。

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

エリートもっこす★二郎さんへの返信に横から失礼いたします。

>50 かよさんへの返信
『母親と私は違う人間で考え方が違うのだと』でいいと思います、これからもずっと親子関係は続きますので(親でもあり子でもある)あなたが軸となって、貴方らしい人生を切り開かれる事を願っております。
『自分を納得させて毎日を過ごしています。』では無意識に”自分を納得させる”という習慣が露呈していますね、ここが、あなたの心が不自由になる原因の一つになっているのかもしれませんね。
クリティカルエイジ(0才から13歳)に受けた教育環境は、大人になっても残り背後霊のようにふとした時の判断基準になると言います、例えば、約束は守らなければならないと親や教師から教わり、従順であればある程頭の中から離れず、約束を破った時には過度の罪悪感を抱いてしまうという結果になりがちです。それだけでは済まず、他人が同じ行動に出た時も過度に相手への不信感や責めたい気持ちが出てくるといった、これまた不自由な心理状態になります。

常識や規則を守らなくても良いと言っている訳ではありませんが、そもそも常識や規則は人が快適に暮らす為に作られているもので、人間を縛るものではありません。常識や規則は変化する事もあるんです。ですから、色んな出来事は”良い加減”で受け止められると楽に生きていけると思いますよ。(コメント51で『完璧な母親なんていません』)と仰っているように)

とにかく、無意識に作っているあなたの規則を取り除き、自由なありのままのあなたを取り戻しましょうね。カウンセリングでは、子供の頃に還った気持ちでお話ししてみて下さいね。あなたの心の叫びが、今のあなたのお子さんの心の叫びなのかもしれませんから。(そして、あなたのお母様の心の叫びかも知れません)あなたお一人でカウンセリングを受けられる事が妥当だと思います。
Best
2013年11月04日

このトピックには75件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト