ラウンジ

ワゴトニーとVVR

2013年09月15日

3コメント 15,148アクセス
ワゴトニーとVVRって
違いは何なんでしょうか?
採血時?緊張時?
文献などで調べたのですが、どちらも交感神経と副交感神経の優位が逆転してしまう…的な内容でした。同じものとしてとらえて良いのでしょうか?

このトピックはベストナンサー選出済みです

ベストナンサー

迷走神経反射という意味では一緒です。厳密に分類すると

副交感神経優位の、迷走神経緊張状態がある程度の時間続いている状態がワゴトニー。
VVRはワゴトニー状態で起きる、短時間で急激な反射。

例えばワゴトニー状態の時、採血などで血管に痛みが加わると、VVRとして徐脈、血圧低下、失神などが起こります。

迷走神経は消化器系に広く分布しているため空腹や満腹時、自律神経との関連で睡眠不足や季節の変わり目などにも症状をに起こしやすいと言われてます。
Best
2013年09月16日

このトピックには3件のコメントがあります

会員登録(無料)するとコメントをお読みいただけます

関連するトピック

おすすめの話題(ナーススクエア)

キーワードでトピックを探す

もっと詳しく絞り込む

カテゴリからトピックを探す


転職・キャリア コンテンツまとめ
看護学生向けおすすめコンテンツ
姉妹サイト