看護師国家試験・准看護師試験 対策
小テスト > 老年看護学 > 第103回看護師国家試験(追加)

Aさん(79歳、男性)は、脳卒中の後遺症のため10年以上ほぼ寝たきりで過ごし、妻が介護している。今回、仙骨部の褥瘡が悪化して入院した。Aさんは、妻(75歳)と2人で暮らしており、息子が1人いる。Aさんの褥瘡は、3週間の治療で改善し、現在、5cm×8cmで皮下組織までの損傷である。滲出液は中等量、感染徴候はなく良性肉芽が創面の50%以上を占めている。壊死組織やポケットは観察されない。創面の洗浄に適切なのはどれか。

  • 7問 / 19問

会員登録(無料)すると解答を見られるほか、
試験対策の全機能をお使いいただけます