看護師国家試験・准看護師試験 対策
小テスト > 母性看護学 > 第103回看護師国家試験

Aさん(25歳初産婦)は妊娠40週0日に3,600gの女児を正常分娩した。出血量は250ml、持続した出血はない。分娩後、Aさんは女児を見て「かわいい」と言い、授乳している。乳管口の開口数は左右1本ずつである。分娩2時間後、子宮底の位置は臍下1横指で硬度は良好であった。産褥1日。Aさんはトイレに行ったら小さい血の塊が1個でましたと訴えた。看護師が観察するとAさんは体温36.5℃、脈拍60/分であった。子宮底の位置は臍上1横指で硬さは昨日より柔らかくなっていた。乳管口の開口数は左右2本ずつである。このときのAさんへの対応で優先度が高いのはどれか。

  • 6問 / 15問

会員登録(無料)すると解答を見られるほか、
試験対策の全機能をお使いいただけます