看護師国家試験・准看護師試験 対策
小テスト > 在宅看護論 > 第104回看護師国家試験

Aさん(59歳、男性)は、妻と2人で暮らしている。Parkinson<パーキンソン>病で、Hoehn-Yahr<ホーエン・ヤール>の重症度分類ステージIIIであり、嚥下に困難がある。要介護2の認定を受けている。食事の見守りを行う妻への訪間看護師による指導で適切なのはどれか。

  • 2問 / 16問

会員登録(無料)すると解答を見られるほか、
試験対策の全機能をお使いいただけます