看護師国家試験・准看護師試験 対策
小テスト > 成人看護学 > 第103回看護師国家試験

Aさん(25歳男性、飲食店店員)は2日前から感冒様症状があり夜眠ろうとして横になるのが息苦しくて眠れず、歩行や会話も困難となり、夜間にAさんの家族に伴われて救急外来を受診した。Aさんは地元の野球チームに所属し休日には練習に参加しており最近は残業が多くて疲れていた。診察の結果、Aさんは気管支喘息発作と診断され、気管支拡張薬、副腎皮質ステロイドによる治療と、フェイスマスクによる酸素投与が行われたが改善がみられず入院した。 入院後も呼吸困難や頻呼吸、呼吸性アシドーシスの改善が認められないため、鼻と口を覆うタイプのマスクを用いた非侵襲的陽圧換気を行うことになった。Aさんへの説明で最も適切なのはどれか。

  • 8問 / 28問

会員登録(無料)すると解答を見られるほか、
試験対策の全機能をお使いいただけます